東京都江東区とは

江東区とは・・・東京湾が広がる街である

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 江東区の地域情報

江東区は、1947年に深川・城東の2区が合併し生まれました。
現在の江東区は、水に恵まれた自然的特性をいかしながら、「みんなでつくる伝統、未来 水彩都市・江東」を目指して、発展しています。

川があり、ベイ・エリアがあり、水運がある江東区。
陸運もあり、工業も強いエリアです。
タワーマンションの建設ラッシュで人口が増えている区でもあります。

一方、深川や門前仲町など、下町情緒漂う町並みもあり、清澄庭園、亀戸天神社のような名所もあります。
職住近接の市街地と、有明や青海に代表される臨海地域が秘める潜在力は、限りなく大きいものです。

今も目立つ産業の1つは、運輸業です。
事業所数こそ1300で23区中第5位だが、全産業に占める構成比6.7%は足立、江戸川両区に次ぐ3位となります。
さらに従業者数となると、3万4700人と大田区に次いで第2位、同じく構成比も足立区に次ぎ2位となっています。

さて、その運輸業の中から産業中分類別によって「水運業」を取り出すと、事業所数24、従業者数482人となります。
大手企業の中枢管理機能が集中する都心3区に比べれば及びもつかないが、この数は都心3区を除けば事業所数1位、従業者数2位となります。

ここから、江東区は江戸時代以来の水運の伝統を今も継承しているかに見えるのではないでしょうか。
しかし、それ以上に大きなものは「東京港」の存在でしょう。

年間入港船舶数3万1000隻、取扱い貨物量8763万トンに及ぶ東京港の港湾施設は、数区にまたがっているものの、青海コンテナ埠頭、辰巳埠頭、お台場ライナー埠頭、10号地埠頭など、重要施設の多くが江東区内です。

江東区にあるビッグな施設と言えば、「東京ビッグサイト(国際展示場)」「パレットタウン」「東京テレポートセンター」「有明コロシアム」「大江戸温泉物語」が挙げられます。

これらの例を見ても、物流の拠点に留まらず、情報、アミューズメントの拠点としての発展も予感させる将来のパワーを秘めた区です。

★以下全国の市・区合計812内の順位★

総人口 460819人 43/812位
人口増減率(2005年/2010年) 109.5% 12/812位
年少人口率(15歳未満) 12.26% 546/812位
生産年齢人口率(15~64歳) 75.27% 93/812位
高齢人口率(65歳以上) 20.12% 720/812位
総面積 39.94km2 677/812位
年間平均気温 15.9℃ 195/812位
年間降水量 1439.6mm 467/812位
年間日照時間 1879.3時間 402/812位

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

サブコンテンツ

このページの先頭へ